歯が黄色い理由

歯の黄ばみの原因は主に、加齢による黄ばみと飲食によるものの2つがあります。

加齢による歯の黄ばみ

肌が年をとるにつれて色が濃くなるように、歯も年をとるにつれて黄ばんでしまいます。 エナメル質は日々の歯磨きや歯軋りなどによりエナメル質が削られ、また加齢により薄くなっていきます。一方で象牙質の色はだんだんと濃くなっていきます。そのため、薄くなった透明のエナメル質から黄ばんだ象牙質が透けて見えるため、歯は黄色くみえてしまいます。加齢によるエナメル質の劣化を止めることは難しいですが、ホワイトニングにより歯の内部である象牙質を白くすることで、歯を白くすることが可能です。

歯の構造

・エナメル質 : 水晶と同じ硬さであり歯の表面を覆う無色・透明の組織。
・象牙質 : エナメル質の下にあり、薄い黄色い層でできている。

歯の構造

飲食による歯の黄ばみ

コーヒー、赤ワイン、カレー、紅茶、烏龍茶、ブルーベリーなど色の濃いものを食べたり、飲んだりする事による着色です。最初のうちは歯の表面が汚れますが、落としきれなかった汚れが時間が経つにつれ、エナメル質の中に染込み、歯磨きでは落ちない汚れ(ステイン)になってしまいます。タバコのヤニもエナメル質に浸透してしまうことで日々の歯磨きでは落とせません。加齢による黄ばみと同様にホワイトニングを行うことで清潔感のある白い歯にすることが可能です。このように、歯を白くする前に歯の黄ばみの原因を理解することは、予防や白い歯の維持につながります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう