日本の「オフィスホワイトニング」とアメリカの「ホームホワイトニング」の違い

teeth-whiteningホワイトニングと言えば、歯医者さんで歯の黄ばみを落とす、「オフィスホワイトニング」が一般的ですが、アメリカでは自宅でホワイトニングをする、「ホームホワイトニング」が一般的です。その理由をお話しする前に、日本のオフィスホワイトニングで使用される「ホワイトニング剤」について説明します。現在、歯医者さんのホワイトニングで使用されている薬剤のほとんどは「過酸化尿素(過酸化水素)」が含まれています。ホワイトニングに関して100年以上の歴史があるホワイトニング先進国アメリカでは、1989年にこの「過酸化尿素」を使用し自宅で出来るホワイトニング技術が誕生しています。その後も研究が重ねられ、現在でも「過酸化尿素」は歯を白くする唯一の薬剤とされており、コンビニ、スーパーなどで身近に販売されており、自宅でのホワイトニングが普及しています。それに対して、日本のホワイトニングは医薬品に関する法律「薬事法」の制約を受け、いくらアメリカで最新のホワイトニング技術が開発されても、日本の市場に浸透するまでに、10年も遅れています。その例として、アメリカでは現在100種類以上の「過酸化尿素」を含んだホワイトニングが市販化されているのに対して、日本ではわずか、2種類しか市販化されておらず、未だ歯科医によるオフィスホワイトニングが主流です。そのため、お家で簡単に歯を白くできる薬剤に対して、高いお金を払い、歯医者さんの手によって歯を白くしてもらっているのが現状です。つまり、歯を白くしたいのであれば、歯医者さんのホワイトニングを受けるのでなく、アメリカより個人輸入で最新のホームホワイトニング剤を購入して、自宅で自分でホワイトニングをすれば、オフィスホワイトニングと同じ効果のあるホワイトニングを1回あたり約1300円、相場の10分の1の値段で歯を白くすることができます。さらに、商品が届いたその日に、20分で歯を白くすることができます。弊社の通販サイトをご利用いただくことで、アメリカの最新ホワイトニング剤をあなたのお家にお届けいたします。安全面でも、訴訟大国であるアメリカにおいて、現在まで健康被害の報告はなく、日本の厚生労働大臣にあたる「米国食品医薬品局(FDA)」、「米国審美歯科学会(ASDA)」、「東京医科歯科大学」により安全であると保証されています。初めての方はこちらより支払い方法、発送方法、注文方法をご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう