あなたの歯はどれだけ黄ばんでる?シェードガイドでホワイトニング効果を確認。

シェードガイドとはホワイトニングをする前と後の効果を測定するために使用する歯の色見本のことです。左から明度順に並べられています。また、AタイプBタイプCタイプDタイプの4つのタイプに分けられ、番号が高いほど色が濃いことを表し、AタイプBタイプCタイプDタイプの順にホワイトニングの効果が出やすいと言われています。

例えば、ホワイトニングで「A3.5」から「A3」に歯が白くなった場合、シェードガイドを参考にして、「3シェード明るくなった。」という表現をします。

シェードガイドの構成
Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4 (D1はありません。)

日本人の平均的な歯の白さ
日本人は、一番ホワイトニングの効果がでやすい赤茶色系Aタイプに分けられ、A3が平均的な歯の白さと言われています。

過酸化尿素44%ホワイトニングジェルを使用した場合のホワイトニング効果

ホワイトニング前「A3」

ホワイトニング後「A1」

あなたの歯の白さが日本人の平均である「A3」だとします。この場合、当サイトで取り扱う、過酸化尿素を44%含んだホワイトニングジェルで20分のホワイトニングを行うことで、最大「7シェード」歯が白くなり、「A1」まで歯を白くすることができます。

ホワイトニングの効果は使用するホワイトニング剤に含まれる過酸化尿素の濃度により異なります。

過酸化尿素 22% (過酸化水素 7.9%) なら 2-3シェード改善
過酸化尿素 35% (過酸化水素 12.6%) なら 3-5シェード改善
過酸化尿素 44% (過酸化水素 15.8%) なら 5-7シェード改善

過酸化水素は審美歯科で行われるホワイトニング、(オフィスホワイトニング)で使用されています。過酸化尿素 10% は 過酸化水素 3.6% に換算され、オフィスホワイトニングでは過酸化水素 15 – 35% が使用されています。

*連続してホワイトニングをすると、歯がしみやすくなり、知覚過敏になる可能性がありますので、24時間以上時間をおいて、連続した使用をお控えください。

使用方法と注意事項

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう